消防設備点検って必要なの?(#3)

2024/01/19 ブログ

マサル:ねぇねぇキムにぃ。もし点検で異常が見つかった場合はどうするの?

 

キムにぃ:いい質問するね!点検の結果はお客様にわかりやすく共有し、もし異常があった場合は、解決方法を提案したり、改修工事をしたりするよ。災害が起きた時に大切な人の命を守れるようにしておく必要があるよ。

 

マサル:例えばどんなことをするの?

 

キムにぃ:消火器の使用期限が過ぎていたり、感知器が故障していたり、誘導灯の電池が切れていたりしたら、お客さんと相談しながら、交換のお勧めや、改修工事の提案をするよ。

 

マサル:あくまで、おすすめや提案しかしないんだ。

 

キムにぃ:そうなんだ。費用などお客様の都合を配慮する必要があるからね。でももし、異常を放置したら消防法に反し罰せられてしまうんだ。

 

マサル:そうなの!?

 

キムにぃ:そもそも、建物の保有者は定期的に消防設備が正しく機能しているかを確認し、それをまとめた書類を消防署に提出する義務があるんだ。

 

マサル:めんどくさそうだね。

 

キムにぃ:希望があれば、書類作成から消防署の提出まで消防設備士がお客様の代わりに行うこともできるよ。

 

マサル:そんなとこまでやってくれるんだ。すごい!!消防設備士の仕事っていっぱいあるんだね!大変そうだけど、人の命を守るためにはなくてはならない仕事だね。僕も立派な消防設備士になりたい!