誘導灯の秘密...

2024/03/29 ブログ

 

dc0b43f7c3f745f8414a674c855f..

普段の生活からもよく見るこのライト。誘導灯といいます。

消防設備は3つの種類に分類することができるのですが、誘導灯は「避難設備」になります。

誘導灯の役割は、避難時に避難口や避難する通り道を示してくれるものです。

 

誘導灯は人が避難する際に必要なもので、その発行する光の強さなどが決められています。

そして、日中でも常にライトがついている誘導灯ですが、停電時には非常電源に自動で切り替わり、一定時間発光します。

時間は数種類あり、20分間や1時間など指定のものがあります。

 

誘導灯にはランプモニターというのがあり、ランプの寿命が近いことを知らせてくれます。

ランプが切れたままにしておくことは違反になりますので、必ず交換しましょう!

誘導灯のランプやバッテリーの交換に、資格は必要ありません!

 

また、誘導灯にも設置基準があり、地階、無窓階、11階以上の建物には設置が義務となります。

地階は地下の階層のことで、無窓階とは窓の大きさが規定値に達していない建物のことです。

避難する際に必要な“開口部”といわれる出入口は、消防隊員の出入りにも使用されます。

この開口部が規定値に達していない場合、無窓階判定となり、誘導灯の義務設置に該当します。

消防署から無窓階と判定された方や、誘導灯の交換、設置のご希望の方は、一電機までお問い合わせください。