誘導灯の役割とは?安全に避難できるように

2024/03/08 ブログ

誘導灯は、非常時に建物内や航空機などで避難する際に役立つ重要な設備です。誘導灯は、暗闇や煙の中でも明るく光り、適切な避難経路を示すことができます。

ここでは、誘導灯の役割と使い方について説明します。

 

【避難経路の案内】

誘導灯は、建物内の避難経路や非常口を明示するために設置されます。災害が発生した場合、誘導灯の光を頼りに、安全な場所へと避難することができます。

 

【緊急時の視認性】

誘導灯は、暗闇や煙の中でも明るく点滅するため、避難する際に視認性が高いです。これにより、避難する人々が迷わずに安全な場所へとたどり着くことができます。

具体例として、学校やホテル、オフィスビルなど、大勢の人が集まる場所には、適切な場所に誘導灯が設置されています。火災などの非常時には、誘導灯の光を頼りに、建物から迅速かつ安全に避難することができます。

 

安全な避難をサポートする誘導灯は、災害時に人々の命を守る重要な役割を果たします。日頃から適切な維持管理が行われ、必要に応じて定期的な点検が行われることが重要です。