緊急事態宣言中は、特に火災に気を付けましょう!

2021/01/14 消火器

東京、北関東を中心に消防設備の点検・工事を行っております、一電機㈱です!

 

緊急事態宣言が出て1週間。

 

お家にいる時間が増えた方が多いのではないでしょうか。

 

そんなおうち時間が叫ばれている今、コンロの火災には十分に気を付けましょう!

 

昨年の4月にも緊急事態宣言が出されましたが、前年比で3割火災が増加しているそうです。

 

例えば、コンロに火をかけたままその場を離れて他のことをしていたり、

今の時代ですとリモート飲み会に参加していたらボヤになった!という事例もあるそうです。

 

共同住宅に住んでいる方ですと、基本的に自動火災報知設備や、住宅用火災警報器が設置されているかと思います。

 

大事になる前に火事に気付くことができるこの設備は必須ですね!!

 

住宅用火災警報器は、一般家庭にも設置が義務になっています。

 

定期的なメンテナンスもご自分でできますし、取り付けも意外と簡単。

 

しかも防災設備を取り扱う業者以外に、ホームセンターや家電量販店でも購入可能なのも手軽でいいですよね!

 

住宅用火災警報器が付いていたおかげで、火災に至らなかったという事例・ぼやですんだという自例は約半減しているデータも出ています。

 

それでももし火災になってしまった場合はすぐに119番をしていただき、消火器での初期消火をしましょう!

 

現在は家庭用の小型の消火器もあります。

 

お部屋の景観を損なわないかわいいデザインの物もありますので、ぜひ見てみてほしいです!

 

このステイホームの期間中、住宅用火災警報器や消火器の期限が切れていないかなどもチェックしてみましょう!

 

もし、わからないこと、新調したい場合はお問い合わせくださいませ♪