古い消防設備に関して

2020/08/18 自動火災報知設備

こんにちは!群馬県大泉町にございます北関東営業所の掛端です。

昨日は天気の急変により、雨・雷がすごかったですね。

皆さまは、大丈夫でしたか。

 

さて本日は古い消防設備に関してのお話です。

 

消防設備には、消防法で決められている検定制度があります。

これは消防設備を使うために国家の検定を受ける義務のことで、

安全に使える証明みたいなものです。

(例えば火災報知器の感知器ですと「感第」、受信機ですと「受第」などです。)

 

ただし!!この検定には期限があり、失効ということもあるので注意が必要です。

 

ご使用されてい消防設備が失効しているか見分けるのは難しいので、

そんなときはプロの出番です!!!!

もし設置されている火災報知器が古いかもと感じたら

お気軽に点検・工事等ご相談ください。