感知器の保護具について

2020/09/24 自動火災報知設備

東京・群馬を中心に消防設備の点検、工事を行っている一電機㈱北関東営業所の遠藤です。

 

 

今回は感知器の保護具についてお話させていただきます。

物置や天井の低い箇所に設置されている火災感知器がヘコんでしまったり破損してしまったり等で

お困り事はありませんでしょうか。

 

火災報知器は無事に作動しても外形でヘコミがあるだけでも交換対象となってしまいます。

それに加えて誤作動の原因となる場合もございます。

 

 

設置場所的にどうしても感知器にぶつかってしまう恐れがある所は写真のようにカバーを

取り付けて感知器を保護する事ができます。

 

弊社では各メーカーに合わせて保護カバーを取り扱っておりますので、

お困り事等がありましたらお気軽にご連絡ください。