消防設備の点検は法律で義務付けられています

建物内に設置されている各消防設備は、消防設備士による定期的な点検を行い、消防署へ報告しなければなりません。法律に則った適切な点検と不具合改善を行い、非常時に備えましょう。
一電機では消防設備点検資格者の資格はもちろん、乙種・甲種消防設備士の資格を取得した点検者を揃えています。消防設備点検を実施する際の事前案内から当日の点検作業、作業後の報告書作成、消防機関への報告、一貫してお引き受けしております。消防設備のメンテナンスはお任せください。

消防設備点検の主な流れ

1. ご依頼

【ご準備いただきたいこと】
・これまでの点検報告書
・平面図
・物件の住所
・担当者様のご連絡先

※無い場合は現地にて調査いたします

 

2. 現地調査・お見積もり(お見積もりは無料です)
3. 保守点検契約
4. 打ち合わせ
5. 作業案内の作成
6. 点検作業の実施
7. 点検報告書の作成
8. 点検報告書の提出

【消防署による立入検査とは】

消防署の方が、不規則に防火対象物に出向き、消防法に適合している設備・設置・運用をしているか検査します。

検査結果が消防法に適合していない場合、「立入検査結果通知書」の不備事項に記載されてしまいます。

そして、その不備に対する改善・改修の計画を立入検査に関する改善計画書に記入しすみやかに管轄の消防署へ提出後、改修をする必要があります。

 

消防署から立入検査結果通知書が通告されたお客様へ

【ご準備いただきたいこと】
・立入検査結果通知書(消防署から郵送されます)
・改修等報告書(消防署から郵送されます)
・前回の点検結果報告書
・建物の平面図
・消防用設備等設置届出書

※無い場合は現地にて調査いたします